NERVE WORK STUDIO

NERVEメンバーによる雑記 since 20051029

スポンサーサイト
author:スポンサードリンク | WEB CLAP |

一定期間更新がないため広告を表示しています

蓮、彼岸、桜
author:亜積 譲 | WEB CLAP |

以前そのうち描きたいなーとぼやいていた生霊もとい雪女。
お待たせしました六話公開です。
エンディングはbさん。言葉選びのセンスといい、雰囲気や空気感溢れる曲調が個人的に堪りません。
また、29日の23時づけで一話をホワイトノイズ修正版に差し替えてますので、
ローカル保存されてる方はお手数ですが再度DLお願いします。

とりあえず綺譚繋がりのM3情報を先に。

M3-2010春(2010/5/5(水祝))
東京流通センター(TRC)第2展示場 E〜Fホール

Mini Album [Works2]
I05・06 Neo Classica ASCendant
主題曲でお世話になってますネオクラがサークル参加されるとのこと。
新作あるようなので告知待機。当企画の主題歌も前作INFINITYに入ってますので是非ヽ(・ω・)ゝ

そしてbさん。
沈黙への返答
A25 Diverse System
エンディングでお世話になってますbさんがアルバムを委託で出されるとの事なので追記。
な、なん…だと…通販とか望みはないでしょうか。



さて、全話公開なのでようやっと書ける事が色々あるぞー!
後日またちょっとしたおまけを公開の予定です。
ナブメンバーで書きたい事ある人は毎度の如く個々で記事作成お願いします。

ご協力頂いたスタッフの皆様、ここまでご視聴頂いた方々、お付き合い有難う御座いました!
六話は桜乃さん可愛いよとか蔦さんかわいいよとかダガザン胡散臭いよとか言い出したらきりがないので自重しますがw五話が記録視点、六話が本人視点になってます。
乙女ゲー的に考えれば美味しいポジションのはずの静華も…。

以下中身ネタバレ考慮なしなので、後にどうぞ。

救われる夢を見る事が罪なのか、悪夢を持ち続けるが罪なのか。
雪月入れ替えてみても違和感ありすぎて無理がありました@半年くらい前のラフ。

今回はトップに到るまで色々ありました。指関節変形はまた別の話ですが。
・時代背景上短髪がありえないので長髪じゃないといけない→月居長髪が似合わない、どうしたものか→髻にしてみた→髻は烏帽子か冠がないと…→苦渋の癖毛ポニテ→似 合 わ な い 。
・檜扇とかわほり扇どっちが良いか→檜扇にしようか→位階で板の枚数決まってる→描いた枚数数える作業。
・襲は季節と位階が決まってるのでそこから選ぶ→何故か一人無彩色ベース。
・場所が既に現存してないので参考が清涼殿しかないが、描き始めると被って見えない等またえらいことになる。
・/(^o^)\

スタッフサイトに覚書を置いていたんですが、それ以外で収録の際に色々発覚したトラップから補足事項。
六話中に出てくる単語が、あまり聞き慣れないとの事で:
・東宮=皇太子。
・落飾=出家。世俗を離れ、家庭生活を捨てて仏門に入ること。雪貴の位を考えればいかに重たいものか…。
・淑景舎=桐壺。平安御所の後宮の七殿五舎のうちの一つ。後宮内では清涼殿から最も遠く、北東の方角にある。現在は住宅街。

五話の銀次の台詞「うちの先祖」、婿入りのはずなので「ん?」と思われた方に:
・日本の皇族の系譜を見ると頭痛くなってくるはずなので、分かりやすいかも。
・多分これで三話で夜鷹が濁したところも「ん?」と思う…はず。


絵も音も脚本も全体的に気を抜けるシーンがなかったんですが、強烈だったというか個人的な総評:
一話:これなんてエロゲ
二話:アッー(抜刀)
三話:アッー(生霊)
四話:アッー兄様は一体何を考えているんだ!
五話:銀次ゴトゴトやめろ
六話:雪貴バタバタやめろ

雪貴君は下賜された刀渡しちゃって、その後大丈夫だったんですかね。
右京配下の二人組も、千隼の方がしっかりしていて九鬼が天然のはずだったのに、気がつけば九鬼の方がしっかりしている。どうしてこうなった。アドリブか。
和服絵やシーンは色々描き出したいものがあるので、ちょろちょろと描ければなと思います。
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク | WEB CLAP |

<< 視聴環境アンケート設置してます | main | NERVE情報用twitterアカウント >>