NERVE WORK STUDIO

NERVEメンバーによる雑記 since 20051029

スポンサーサイト
author:スポンサードリンク | WEB CLAP |

一定期間更新がないため広告を表示しています

ボクマケナイ
author:亜積 譲 | WEB CLAP |
個人的にユセイフルドとアリーのやり取りは、子供向け童話によくみる主人公と怖い人(魔女等)を思い出すんですが、これは一体(´-`)

というわけでside-B 第六話公開です。Aサイドの第六話と張れる長さですね。
終盤はニヤニヤするシーンではないよ。ニヤニヤするシーンではないよ(二度目)。でもギリギリと音を増やしつつ何故かニヤニヤしていたんだ。乗り移られたんでしょうか。
作業の途中、ランドの「言ってね」が「言っ」だけ通常ランドのまま「てね」だけ低ピッチになってて、チェックしてかなりびびりました。うっかり触ったのか。

A-6からの引用もあるので一部のキャラは声が途中で変わってますが、そこらは再収録をするとまた大変な時間を食うという大人の事情という事でご理解下さい。
台本的にも原作者がA・Bエピローグ同時公開が良いと言っていた事からも、A-1〜6→B-1〜6→Aエピローグ、Bエピローグで聞くのが良いのかな。
Aサイドだけではこれで終わり!?だった箇所がBサイドで出てきます。
残りエピローグはスタッフサイトで両サイドとも先行公開してますので、順次追って企画サイトでも公開します。

リリーはいい子だなあ。
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク | WEB CLAP |

<< 油性古戸 | main | かくかく >>