NERVE WORK STUDIO

NERVEメンバーによる雑記 since 20051029

スポンサーサイト
author:スポンサードリンク | WEB CLAP |

一定期間更新がないため広告を表示しています

M3-2016秋参加作品
author:亜積 譲 | WEB CLAP |
例年通りNERVEの直接参加の予定はありませんが、M3頒布物から参加企画のご紹介。

新作「GLASSES BREAKER'SⅢ Knockin' on Heaven's door」

コ36b「ひげと砕牙のダメになるラジオ」にて頒布。
引き続き亜積がジャケット・デザイン・サイトデザイン等々グラフィック全般担当させて頂きました。
サイトの方は今回からスマホに正式対応しました。
ついに最終巻になります。色んな人が普段あんまりやらないような役をやってらっしゃるので大変お得な感じの最終巻。桐生さんの変態役が輝く最終巻。
CMが完全に中身と関係ない内容になってますが(ある意味関係はありますが)、中身の雰囲気はキャラ別サンプルを参照ください。

またお世話になっております神崎さんのサークル「Vitraloqui」にて新作「April Scherzo」が出ます。
新作の方には直接関わっておりませんが「神崎天合の都内某所の某アパートからお送りします。」の特別盤CDが購入特典でつくそうです。盤面の方イラストを提供させて頂きました。


旧作「アンコール!」

コ41a「SNOWMIST」さんにて頒布。
亜積がグラフィック全般担当させて頂きました。通常版を頒布するそうです。


ニコニコ動画の方で定期的に更新していた役者クトゥルフの方が完結したのでこちらもご紹介。

おまけが公開されました。OP・ED以外は後日談になってます。
お世話になってる方々が参加していたり、亜積がグラフィック担当で参加しております。
冬コミでシナリオ本の頒布予定があるとの事なので、こちらはまた時期になりましたら。

一連のシリーズはTRPG動画に馴染みのある方には少し変わったリプレイ動画になっていたり、TRPG自体に馴染みのない知人からも見やすいと反応頂いたので、割とライトな感じで見られると思います。
最近の更新とM3-2015秋参加作品
author:亜積 譲 | WEB CLAP |

29日にNERVE結成から10周年を迎えますが諸々の都合で準備が間に合いそうにないです。
優先順位の都合でなかなか触れずにいますが、自分の首を絞める目的もありつつTautenBlumeの企画サイトをフライヤーから一度形にしました。土台はできて順次台本化作業中ですが、こちらは追々。
また二年ほど格納を忘れていたGUNBLAZE、幻影綺譚、TautenBlumeのラフ類を各企画サイトのギャラリーにまとめました。

今回も毎度同じくNERVEの直接参加の予定はありませんが、M3頒布物から参加企画のご紹介。

新作「アンコール!」

ク25a「Colorful Pallet」さんにて頒布。
亜積がグラフィック全般担当させて頂きました。
限定版の冊子の方は立ち絵全体以外にも雪霧さんの書き下ろしSSが収録されますので、確実に入手されたい方は是非取り置き予約の方ご利用ください。

新作「VANISH:CODE」

ク14b「Greedian」さんにて頒布。
桐枝が英語音声担当しております。
旧作「Deadly Crisis」でも桐枝が英語音声担当しております。

旧作「コーンフィールドに眠る」では亜積がジャケット絵を描かせて頂きました。


旧作委託「GLASSES BREAKER'SⅡ With a Vengeance」

ク33a「stray sheep」にて委託。残部極少とのこと。
亜積がジャケット・デザイン・サイトデザイン等々グラフィック全般担当させて頂きました。
お世話になっております天合さんのサークルにて新作「さよならがいえずに」が出ます。
新作の方は、亜積がトップ絵、サイトデザインを担当させて頂いた「神崎天合の都内某所の某アパートからお送りします。」の特別盤CDが購入特典でつくそうです。
M3-2015春情報
author:亜積 譲 | WEB CLAP |

春になると幻影綺譚で何か描いておかないといけなくなるような気分に駆られる衝動。

NERVEの直接参加の予定はありませんが、M3頒布物から参加企画のご紹介。
またメンバー半分が国外のため参加の予定はないですが作品の方どうぞよろしくお願いします。

GLASSES BREAKER'SⅡ With a Vengeance

E23b「アストロモノグラフィ」さんのところにて委託
2013-M3秋にて頒布された眼鏡割りCDの続編になります。
こちらHONEYRIDE等でお世話になった神崎さんが今回企画を引き継いでます。亜積がジャケット・デザイン・HTMLデザイン等々グラフィック全般やらせて頂きました。

前作はWEB音質版が公開されてるので単品でも聞けますが是非。


また前回試験的に無料配布されたボイスドラマ視聴カタログを今回も配布するそうです。

こちらも亜積が表紙の方描かせて頂きました。
ボイスドラマ島の一部サークルやチラシ置き場にて配布されてるそうですので、回る予定がある方は是非。

こちらは秋M3にて頒布予定ですが、先日CV・ボーカル募集を終了されたアンコール!の方でも亜積がグラフィック担当させて頂きます。

今回D21a「Colorful Pallet」さんで企画者の小沢雪霧さんがお試し特別版CMの聞ける名刺を配布するとのことなので、機会があれば是非。

旧作頒布については:
コーンフィールドに眠る

E18a「Greedian」
亜積がジャケット絵を描かせて頂いてます。
説明しようと思うとネタバレになるだろうなと何も言えなくなってしまうGreedianサイコホラー。
サークルさんの方から注意事項も出てますので合わせて引用させて頂きました。

数年ぶりに白くなりました
author:亜積 譲 | WEB CLAP |

改装しました。中身の更新はお察しください。
切羽詰まってくると発散される改装欲。基本デザインは同じままなんですが、個人的に使い勝手が良いので気に入っております。ソースは丸ごと書き換えて完全に別物になってますが、見た目の部分はあんまり変わってないはず。
IE対応はふんっとにもー放り投げたいくらいですがそこまで差が出る程にはなってない…と思います_ノ乙(、ン、)_

作品個別サイトがスマホ対応仕様になっていないのに無駄にスマホ対応したので、PCでもブラウザ縮めてぬるぬるして頂けると良いかなと。とにかくこれが面倒なのでNSSは気が向いたら…。
恐らく大丈夫だとは思いますがデッドリンク等ありましたら突っ込んでいただけると大変助かります。
M3-2013秋情報
author:亜積 譲 | WEB CLAP |
NERVEでの直接参加の予定はありませんが、M3頒布物から参加企画のご紹介。

GLASSES BREAKER'S

え28b ひげと砕牙のダメになるラジオ
眼鏡割れろ!
亜積がジャケット絵を描かせて頂きました。WEBデザイン等もやってます。

コーンフィールドに眠る

え36a Greedian
亜積が急遽ジャケット絵を描かせて頂きました。
25日まで予約受付中、CMは後日公開されるそうです。


そろそろNERVEでも何かやりたいなと思いつつも、色々転機の人がいたりと変化が大きく、揃って何かやるのはなかなか難しいところですね_ノ乙(、ン、)_
怒涛の改装祭
author:亜積 譲 | WEB CLAP |
NWS、Dusty Skyscraper、Fleur de Folie、SWEETJELLY BEANSを改装しました。
しばらく置いとくと整頓したくなるというか、まとめたくなると言いますか。
個人サイトを改装できない分NERVEコンテンツを弄って満足する現実逃避。

Fleurは今頃になってようやっと綺麗にまとまったよ/(^o^)\
まだ暫くメンバー多忙につき暫定の予定ですが、夏頃にはゼリー次回作を考えてるとのことです。
参加企画「闇使」CV募集中(〜11/30)
author:亜積 譲 | WEB CLAP |


OverDriveのLibera MeやSTELLA MARISなどでお世話になってますヤマトさんのボイスドラマ企画、闇使番外編にて現在CV募集中です。
キャラクターイラストの方は今回も引き続き亜積が担当させて頂きました(`・ω・´)
流石に前回のは絵が古いな!
11月30日までの募集との事なので、興味ある方はどうぞ。
M3-2011秋情報
author:亜積 譲 | WEB CLAP |
今年は割りと大人しい年ですご無沙汰してます。
M3-2011秋もNERVEでの参加予定はありません。

これで貴方も賢者になれる!\ソワソワシチャーウ/編

J11a「Spiral Spirit」にて委託予定
前回おなじみのダメラジもといひげ太郎さんと砕牙さんのラジオ企画派生のオムニバスドラマCDで、亜積がジャケット絵を描かせて頂きました。
裏全5種…( ゚д゚) ちらっと見たあれですかね、多分。
昭和のノリでベタネタをお送りします。


夏公開予定だった掛け合い企画の方に関しては現在LEBENの桐矢氏が不調のようなので、公開されましたらまた後日お知らせします。
イベント情報など
author:亜積 譲 | WEB CLAP |
当初予定していた夏コミは、諸事情で参加できなくなりました。
秋M3も今回は特に予定がない(はず)ので、予めお知らせを。

代わりにというのもちょっと違う気もしますが、LEBENにて夏公開予定の掛け合い企画の方にNERVEから数名参加の予定です。
こちらは現在準備中につき、後日またお知らせしますヽ('∀`)ノ
「ボイドラとは何か。」 - What's a Voice Drama?
author:桐枝侑璃 | WEB CLAP |
と、いうのが海外の方からするとあまり馴染みのない事のようなので、ちょっとこんなものを即興で亜積と作ってみました。
(・∀・)つ http://eng.nwstudio.org/vd/

リンクフリーとなっておりますので、もしよろしければご活用下さい。

日本の同人活動というのは、海外のそれと色々と異なるところがあるが為の認識の違いだと思うのですが、流石にGUNBLAZEが日本語学習教材であるかのような紹介をされて居るという話を亜積から聞いた時は驚きました。
桐枝個人としては、友人に日本人顔負けの日本語力を持っている「外人さん」が多数居るので、海外の方がボイスドラマを視聴すること自体に関しては問題ないと思うのですが、これらの作品を使って日本語の勉強をされる事を思うと流石に抵抗があるというか……いや勘弁して下さい。大真面目に「血沸き肉踊る(以下略)!」なんて街中で叫ばれたら俺どうしたらいいんですか。
尤も、一番色々心配なのは、BLAZE第2部の紹介で自重せずにFワードぶち込んでるんで、ね……コレ主犯は亜積なんですが、それを止めるどころかもっとやれと煽ったのは他でもない俺なんですよ。

なお、ボイドラについての英語説明を作るついでに、NWSメインサイトも簡易ではありますが英語版に対応しました:
http://eng.nwstudio.org/


--------
Despite the amount of English stuff I blurt out on twitter and on my personal website, this is my first post in English on this blog, which I actually didn't think I'd ever be doing on the NWS blog.

It has come to our (specifically Azumi and my) attention, that there has been some misunderstandings regarding voice dramas.
While we, NERVE, do not have much issues with non-Japanese audiences listening to our voice dramas and/or podcasts, we were startled by the fact that our works have been perceived to be materials people can use to practice their Japanese skills.
As you may have noticed, I am fluent in English (heck I've been living in Canada for the past 8 years and counting), and some of my compositions do include English lyrics. However, NERVE's target audience, as with many of the other voice drama creators, has always been Japanese-speakers.
Partly as a response to this discovery, and partly as an attempt to clarify and explain what a "voice drama" is, we came up with the following website (in probably less than 2 hours max): http://eng.nwstudio.org/vd/

In addition, we now have a (rather simplified) English website for NWS: http://eng.nwstudio.org/

Hopefully, these websites would give you a better idea of what voice dramas are, and will help you better understand what our works are about as well.

Kindest regards to all overseas listeners,
Yuuri Kirie

| 1/4 | >>